2010/10/26

落書きする


あられもなきぐっどじょぶもとむ。

2010/10/22

忙しいのに落書きする



ねこのてあぶらぬりぬり。

2010/10/17

2010/10/13

大滝詠一「A LONG VACATION」を聞く

大滝詠一は特に好きでも嫌いでもなく,ただただあまりにアメリカンポップなジャケットイラストに抵抗があって近づかなかっただけだったかもしれない。去年だったか今年だったかFMでこのアルバムを全曲通して聞く機会があって,「あ,意外といい」と,世間から30年近く遅れて思ってしまったわけで…。

それ以来ずっと気にしつつ,今頃になってやっときちんと聞き直すと,これまでの反動が出たか,毎日こればっかり。シンプルな音を完璧に磨き上げる職人技が快感。

ヤバヘビ。ヤバいくらいヘビーローテーション。…すみません(誰に謝ってる?)。

「君は天然色」みたいな直球ど真ん中のポップスももちろんいいのだけれど,「Pap-Pi-Doo-Bi-Doo-Ba物語」の遊びまくりの歌詞にうまくひっかかる。古い洋楽タイトルがたくさん出て来る中「♪四つのお願い 聞いとくれ」などという一節をまぎれこませるポップスおじさんのセンスがおかしい。

他にも「我が心のピンボール」の少しワイルドなボーカル,「FUN X 4」 のコーラスとユーモラスな趣向の融合。これらが絶妙のアクセントになって名曲群を引き立てる。

参ったなー。学生時代,アルバイト仲間のO某の家で彼お気に入りの大滝詠一のCM音楽のアルバムから何曲か聞かされたり(それが初めて),なぜかうちの奥様も同じく大滝詠一のCM音楽のアルバム(たぶん)を1枚持っていたりしたのに…天地の真理に気づかずにすごしてきたワタシの人生って何? と,がらにもなく哲学してしまう。

参った,参った。

2010/10/07

落書きする


まわればわかるあきのみち。

落書きする


もどりがわだけどいってみる?

2010/10/04

落書きする


どうもどうもでわたりゆく。