2007/12/19

ドラマ「ハタチの恋人」を見る

長澤まさみ,アイドルとしてのピークは越えたとはいうものの,やっぱりかわいいなー,美しいなーと,画面を見ながらとめどなく顔がゆるむ。まっすぐで芯の強い役柄が合っている。この1年では一番チャーミングだったのではないかしらん。

低視聴率が話題だけれど,それなりにおもしろく見る。

ところどころに出てくる間違いの喜劇は,古いハリウッド喜劇によくあったような展開で,大好きなパターンだし,小躍りする市村正親とちょっと変なキムラ緑子のかけあいも楽しい。ヒロインにふりまわされ続ける由紀夫ちゃん(塚本高史)がなさけなくて笑える。

作り手が自分に対する要求水準をもう少し高く持っていればもっといい作品になったのにと惜しむ。

2007/12/11

原田知世「Me and Music」を聞く

渋めのカバーアルバム。 デビュー25周年,40歳と聞くと,そんなに熱心なファンでもないのになぜか感慨深げだったりする。

「I Will」(ビートルズ),「くちなしの丘」(キセル)などというビミョーな選曲に負け,ボサノバのギターをバックに静かに歌われる「時をかける少女」に,オトナになったなーと遠くを見る。

ほんとはもうちょっと元気な曲が多い方が好みだけれど,趣味のいい調度品を並べたようなこのアルバムが今の原田知世の心境なのだろうとひとりうなずく。

CDブックレットにある,参加ミュージシャンと一緒に撮った写真では,フツーの人,近所のおばさんみたいに写っていて,何でこんな写真を使ってんだろとクレジットを見ると,Photography(Polaroid) : Ed TSUWAKIとある。そうか,一番身近な人の目にはこんな風に映るのかと納得しつつ,またもや感慨。