2015/07/31

皇なつき「お江戸ふしぎ噺 あやし」を読む

宮部みゆきの原作をコミック化。

オーソドックスながらもていねいで美しい絵にため息が出る。静かな力業。

どの話もひたひたと恐怖がせり上がってくる。

中でもちょっとした変化球をしのばせた「蜆塚」。最後のページの大きなコマが絶妙のサゲになっていてうなる。コミックならではの表現。原作ではどうなってるんだろう?

0 コメント: